■■■ 和気清麻呂のこと ■■■

   
 

和気清麻呂のこと 「銅像・猪像建立」




  霊猪に導かれ、北辰妙見(北極星)をめざし、当地を訪れた姿が表現されて
 いる。憂いをおびた顔は、わずかに足立山の方角を向き山頂に輝く北極星を
 はるかに眺んでいる。

 平成18年、彫刻家 村上章一氏の制作。

 清麻呂の事蹟を偲ぶ郷土のシンボルとして建立。