■■■ 神社紹介 ■■■

   

御神宝




  嘉永6年(1853年)京都神祗官より奉幣使の参向があり、清麻呂公の
 神霊に「護王大明神」の称号と御幣を賜った。

  九州方面では当社のみの事であり、現在神宝としてこの御幣を所蔵
 している。